畑野千春の30才からのダーツのススメ

歳を取ってからのダーツを始められたら方への応援ブログ。もちろん若い方も見て下さい。ちょっとした日常もww

理論・考え方

ダーツレッスン

ダーツレッスン、個人、グループ合わせて100人以上の方に行いました。 おかげさまでレッスンの問合せもチョイチョイ来るようになりました。 ただ、超初心者の方、週1しか投げれない。って方にはご遠慮して頂いてます。 超初心者の方はレッスンを受けるより、…

バレルメーカー

バレルメーカーのイメージをお願いします。ってリクエストが来たので ※僕の勝手なイメージ先入観です。 メーカーのイメージはプレーヤーモデルではなく、スタンダードモデルを見るとメーカーの方向性が見えてきます。 プレーヤーモデルもプレーヤーが開発か…

メンタル

メンタルの話ですが、 メンタル(緊張)は練習で克服出来ると考えてます。 まぁ、平場の練習でどれだけ緊張感を持って投げるか?だと思います。 本番に強い方はソレが出来てるて思います。 まれに全く緊張しない。って方も居ますが..... 緊張出来るのは財産だ…

パーフェクト女子を見て

久々にライブで見ました。 入る、入らないは別にして クリケットの攻め方が絶望的なダメするぎる! 周りにコーチング出来る人は居ないのか?? って思いました。

必要な筋肉

上腕三頭筋!!💪 ここを鍛えると軽いスイングでもしっかり飛んでくれます。 特に女性プレーヤーに鍛えてもらいたい部位ですね。 鍛え方は簡単ですよ。 詳しくはネットで調べてね(笑)

何度も書きますが

ソフトに特化したバレルって、18グラムまでだと思います! それ以上重いと、ダーツが落ちて来ない。 ソフトは矢先を落として入れる!! 何故、それが解らないのですかー!! 少し考えたら解ることなのに~💦

見た目も大事

ジムに再び通い初めました。 2017年の最終戦の後、飲みすぎて肋骨折りました(笑) 治るのに時間がかかる場所なので、通ってたジムを退会。 最近の自分の姿をみて、さすがにヤバイと思い、ジム通いを再開。 人前で投げる機会も多いし、映像としても残る事もあ…

立ち位置

ダーツのスタンスの話じゃないです。 最近の重いバレルの先にはスティールがあると思います。 ソフトダーツに特化したバレルが少なくなって来てる気がしますね。 僕、考案の天牙、空牙はソフトに特化させてます。 ※共に廃盤 今使ってるプロトもソフトに特化…

クリケット

先行の場合、セオリーでは20から行きますが 19から行くメリットって結構あるような気がする 今日この頃

メリット、デメリット

なんでもそーですが、 メリットの裏にはデメリットがあり、 デメリットの裏にはメリットがあると思います。 例えば、楽な姿勢で投げる 疲れ難い←メリット 楽な分体も動く←デメリット 窮屈な姿勢で投げる 動きが制限されるので、グルーピングする←メリット 疲…

ソフトダーツに合う形状は何か?

以前ブログでソフトダーツとハードダーツの最大の違いは7センチの距離だ! ※ここではデジタル→ソフト スティール→ハードと明記します。 って張りきって書きましたが、少し訂正します。 7センチの違いも大事な事ですが、 やはり最大の違いは盤面に穴が開いて…

質問箱

沢山質問きます(笑) ほとんどの方がピンポイントでの練習をしてない感じがします。 グリップを変えるなら、グリップを変える事だけ スタンスを変えるなら、スタンスを変える事だけ などなど 何かを変える時に狙ってませんか? 何かを変えるって事は、レベル…

記念すべき第1回研究会

研究テーマはスタンス。 まぁ、暇でしたね(笑) それでもスタンスによって、腰の開き、軸の固定など変わる事もわかったのでヨシです。 しかしながら、残念な事に北海道のプレーヤーは、あまりスタンスに興味がない感じです 逆に、僕よりレーティングの高いプ…

スタンス(仮)

現状の考え方です。 基本、肩幅に開きます。 肩幅より靴の幅一足分広くします。 爪先をポイントで残して、踵を内側に入れます。 このスタンスだと、前傾姿勢をしても逆足に反対側に向かうベクトルが発生するので、下半身の安定に繋がります。 腰の開きも押さ…

研究会を始めてみようと思います

平日の通常営業に限り、 部位にこだわった研究会をやってみようと思います。 今日は4/26(火)は スタンス(下半身の使い方) あまり意識をしない部位ですが、この部位から全てが始まる大事な場所なんで、面白いと思いますよ あくまで通常営業の中で行うので、レ…

楽に投げる

良く楽に(リラックス)投げなー って聞きます。 普段から楽に投げてて練習になるわけないだろ!(笑) って思います 普段の練習は常に緊張感を持って練習する事をオススメします。 緊張感を持って練習する 本番はリラックスをする 普段からリラックスして投げて…

なぜNO.5を選ぶのか?

理由はやはり先端を細く作れる事と 後ろからしか削れないので重心が前方で安定する。 この2つだと思います。 STEELに近い飛びを求めてNO.5にする方も居ますが、 僕はあまり意識してないです。 逆にNO.5を選ばない方の理由は チップの耐久性が2baと比べると弱…

良く言われますが

YouTubeに上がってる ダーツ理論、練習方法ですが、 https://youtu.be/vh4HbXhBZBM https://youtu.be/xBkljBpDgAM お金取らないの?レッスンの妨げにならない? ここまでなら全く問題ないと考えてます。 お金を頂けるのはここから先の内容です(笑) 色々な考…

改めて考えてみましょー

ダーツとは? ↓ 狙った場所に射す競技です。 狙った場所に射す為には ↓ 入れ感とコントロールが大事です。 入れ感を鍛えるには ↓ 沢山投げる事が重要です。 コントロールをつけるには ↓ 安定したフォームが必要です。 フォームを安定させるには ↓ 一定のルー…

ダーツは環境が大事!

自分より確実に打ってきてくれる人が居る なんて恵まれた環境なんだろう 素直にそー思います。

まんが

お客さんが誰かのブログで ダーツが上手くなりたいなら読んだ方が良い! って書いてありましたー。 って言ってたので読んでみました。 ベイビーステップ なるほど!これはダーツに転用出来ますね。 結構長いマンガですが、 練習に対するアプローチ メンタル…

イメージトレーニング

素振りとか、シャドーしない競技ってないですよね? ダーツも一緒だと思います。 こーゆー風に投げたい!! イメージしてますか? 最近レッスンしてて、気になるのが、 素振りしてみて下さい。って言うと ホニャっとした素振りになる方が多いです。 ダーツを…

重いバレルがダーツ界をダメにする!

移転しました。 // " + url + ""); // リダイレクト setTimeout("redirect()", 0); // 0 sec function redirect(){ location.href = url; } // canonical の書き換え var link = document.getElementsByTagName("link")[0]; link.href = url; // ]]> 最近は…

理にかなってる

例えば、ヒグヒグのルーティーン 僕の中では、あれは内肘を上に向ける為の動作だと思ってます。 そー考えれば理にかなってます。 例えば、清水キヨさんのセットアップ あれも僕の中では、内肘を上に向ける為のセットアップだと思ってます。 そー考えれば理に…

ハイテクアームスリープ

ついにサンプルが入りました。 究極の機能性アームスリープ! ベースは薄めの生地ですが、伸縮性の違うラインが入ってます。 肘側に真っ直ぐ装着すると腕の振りがとてもイージーにフォロースルーまで行きます! このアームスリープの凄い所は この縦ラインを…

最大の違い

ソフトダーツとハードダーツの最大の違いは ターゲットの大きさでもなく ダーツの重さでもなく 7センチの距離の差だと思います。 ※ブルからスローラインまで斜めに引くと6センチになります。 たかが、7センチ されど、7センチ この差がやっかいですね💦

ダーツは矛盾だらけ

より近くで投げる為に前傾姿勢をとってるのに、 テイクバックでボードから遠くに引く リリースポイントを早くしたいのに より遠くででリリースするイメージ 上手くなりたいのに 上手い人とやらない ダーツ上手くなったらモテるよって言われたのに 全くモテな…

いっそのこと

ソフトダーツも13インチにしちゃえば良いのでは? で、バレルもセットして1本20グラムまで 軽いバレルで小さい的を狙うのが1番技術が上がると思います。 本気で、ソフトダーツをメインにして ハードダーツで世界を目指すなら1番良いと思いますよ。マジで

練習になるカウントアップ方法

ブルを狙いつつ ブルより下に1本も打たない! 先ずは飛ぶ投げ方を覚えよう。 飛ぶ様になったら、あとはコントロールをつけるだけ。 最近、S-4は週間カウントアップランキングが画面上にでるので、数人ですが、必死にやってるのですが、 トップが大体1150越え…

リラックスしたフォームで投げる

窮屈なフォームで投げるメリットもありますが、 リラックスしたフォームで投げると、 ズレが生じたときにフォームに余裕があるので、フォームで修正する事が出来る。 キッチリとしたフォームで投げて、ズレが生じた場合、修正する箇所に限りがあるので、立ち…