畑野千春の30才からのダーツのススメ

歳を取ってからのダーツを始められたら方への応援ブログ。もちろん若い方も見て下さい。ちょっとした日常もww

近未来プロ団体大胆予想

あくまで、可能性の話です。

なので100%間違ってると思いますが(笑)

 

今、日本にはダーツのプロ団体が2つあります。

 

今後も2団体が必要と考えます。

 

 

2団体をAとBとします。

それをバックアップしてるメーカーが①と②です。

 

Aと①、Bと②って感じです。

 

一応、2団体は法人化してるので、独立してる団体と捉えた時

 

お金の流れはわかりませんが、Aと②、Bと①の可能性は絶対に無いのか?

 

Aと①が離れる事は、どー考えても無く

 

では、Bと②は?って考えると、

Bと①は、可能性としては有ると思います。

 

その理由は②は、今だにデジタルダーツマシンを使っての日本国内での賞金トーナメントは違法です。ってスタンスなのです(笑)

って事は日本国内でのプロトーナメントには、基本的に否定的と捉えます。

でもメーカーとしてプロ団体は持っていたい。

 

(あれ、僕たち、認定プロ持ってんじゃん!

あれ、Cって団体持って世界中で賞金トーナメントやってんじゃん。

え!認定プロとCだけで良くない?

年に2回ぐらい日本国内でCやって、国内のやつは賞金じゃなくて、出演料って名目にすれば良いんじゃない?)

 

絶対に無いと思いますが、自分が団体をバックアップするメーカーだと考えた場合、

 

あるな!(笑)

 

って思ったので書いてみました。

 

現実にならないよう、自分も含めてですが、プロの皆さんはお行儀良くしましょうね。

 

Aだろうが、Bだろうが、その団体に所属してる以上、バックアップしてくれてるメーカーの広告塔だと思いますよ。

 

どーゆー目的でバックアップしてるかわかりませんが、

百害あって一利無しだと、メーカーさんバイバイしちゃうかもよ?

 

って現実的じゃ無い事を書いてみました。

 

皆さんはどー思いますか?